チェーン店も侮れない!素敵なお店を探せ!

寿司屋に行くといっても、今は色々な種類の寿司屋が存在しています。そこでまずは、どんなタイプのお店に行くかを決めなければなりません。正しい選び方を身につけて、寿司を堪能しま

TOPICS

正しい寿司屋の選び方とは

生魚を食べるという文化のある日本では、古くからお刺身や寿司といった形で生魚が食べられてきました。
元々外国ではなかなか生で魚介類を食べるという習慣はありませんでしたが、最近では日本食が広まっていることもあって、海外の方々にも普通に食べられるようになってきています。
そんな生魚を使った代表的な料理といえば、やっぱりお寿司に他ないでしょう。
寿司屋と言っても、今は色々なお店が存在しているものです。
今回は、寿司屋にいく時の選び方について、お話をしていきたいと思います。
まず、子供がいる家族連れで行く場合には、回転ずしが一番ではないでしょうか。
回転ずしの多くは、色々なメニューを取り扱っています。
旬の寿司はもちろん、一般的な寿司やちょっと変わったネタを使った寿司、茶碗蒸しや味噌汁、デザート、おつまみまで実にたくさんです。
色々なメニューが存在するため、子供も飽きてしまうことなく自分が好きなものを食べることができますし、大人は大人で旬の魚などを楽しむことができるでしょう。
特に回転ずし屋によっては、生ハムやミートボール、角煮、天ぷらなどをネタにして作られた、ちょっと意外な寿司を用意しているところもあります。
ミートボールや天ぷらなどは子供にとって大好物なものですから、喜ばれることはまず間違いありません。
大人だけでなく、子供も一緒に楽しめるように、回転ずしを選んであげるとよいでしょう。
ちなみに、回転ずしと言っても、基本1皿100円の場合とちょっとお値段が高くなるところの2種類が存在します。
前者は全体的に安価である上に、それなりに美味しい寿司を食べることができるので、「ちょっと寿司が食べたいな…」という時には安く済むため、大変便利です。
後者は本格的な寿司屋のような新鮮で肉厚な寿司を食べたり、美味しい茶碗蒸しやお吸い物などを楽しむことができますが、注意して食べないと思わぬ高額になってしまう可能性が高いと言えます。
後者にする場合は、ある程度予算に余裕がある場合にしたほうが、気にせずに美味しい寿司を満喫できることでしょう。
また、回転ずし意外にも、目の前で職人さんに握ってもらう回らないタイプの寿司屋も存在しています。
そして、このようなタイプの寿司屋はとにかく肉厚でネタもでかく、新鮮であることが多いです。
ただし、その分値は上がりますし、注文も回転ずしのように手軽には行えないため、注意が必要です。
それでも、十分に美味しい本格寿司を食せるため、行く価値は十分にあると言えるでしょう。

Copyright (C)2017チェーン店も侮れない!素敵なお店を探せ!.All rights reserved.