チェーン店も侮れない!素敵なお店を探せ!

和食において豚肉と茄子の炒めものがあります。秋の旬の食材を使うことで、栄養もしっかり取れます。

TOPICS

和食で豚肉を使うものに茄子との炒めもの

茄子といいますと、全国にはいろいろな種類があります。京都の加茂茄子と呼ばれるものは、通常よりも大きく、丸い形をしています。京野菜として人気があります。茄子の旬といえば秋になるでしょう。秋が旬の野菜は多いです。秋は冬に備えて栄養を取っておかないといけない時期です。冬に落ちた脂肪を適度に蓄えるようにしなければいけません。茄子自体は脂肪を蓄える要素はないかもしれませんが、旬の美味し茄子と一緒に別の食材を食べることで、冬に備えられるかもしれません。各地で美味しい料理方法があるのですが、最近良く見かけるようになったものがあります。定食屋さんにおいても、秋のメニューとして紹介されていました。限定メニューだそうです。

それは、豚肉と茄子の炒めものになります。お店によって味付けの方法は異なるようです。中華料理屋さんであれば、中華風の味付けをすることもありますが、和食の定食屋さんでは醤油ベースの味付けになると思います。茄子の特徴としては、油をよく吸ってくれることです。油を吸うといいますとカロリーが高くなるイメージがありますがそうではありません。調理をしている時に油の中に料理中に旨みが出てしまうことがあります。その旨味を吸収してくれるのです。豚を油で炒めていると、どんどん油の中に豚の美味しい部分が出て行ってしまいます。油だけで食べることはできませんが、茄子を入れると、その旨味の部分をすってくれるのです。それで美味しくなるのです。

醤油だけで物足りないと感じるのであれば、七味唐辛子などを少しくわえてピリッとした味付けになります。そうすることでも食欲をそそる料理になります。あまり炒めすぎると茄子がしんなりし過ぎますから、油を吸ったと思うくらいで火を止めるのが良いでしょう。肉と茄子の割合としては、茄子のほうが多いので、思ったよりもカロリーは低めになります。しっかりとタンパク質を取り、適度に油を取ることができるのです。

Copyright (C)2017チェーン店も侮れない!素敵なお店を探せ!.All rights reserved.